総合診療計画

総合診療計画に基づいた治療(口腔内全体の治療を行う)

 「木を見て森を見ず」というような治療では長期間の安定は得られない。
“森”は広義にとらえれば“人”の条件といえる。年齢が若いか高齢かに始まり、歯科治療に対する希望は費用面を含めてどうなのか、どのくらいの頻度で通院が可能か、また全身疾患があるか、喫煙習慣があるか、歯のブラッシングが適切にできるか等、これら人の条件を抜きにして治療のゴールを設定することはできない。
 つぎに補綴治療を行うにあたり、狭義の“森”である“口”の中全体の状態を観察する。歯がどこに配置しているか、対合する歯があるか、および咬合力は強いか、唾液の量は多いか等を調べる。さらに顎堤の状態、また発音・違和感に対する感受性や、審美性をどこまで追求するかを考慮していく。
 そして、“木”すなわち1本1本の“歯”の状態をみていく。う蝕の有無、歯周病の状態、有髄歯か無髄歯かを調べ、その歯の予後を想定する。
 最終的には、これまで述べた条件すべてを勘案したうえで1口腔単位の総合診療に基づいた治療を決定することになる。したがって、あくまでも患者さん個々に合わせたオーダーメイド治療を行う必要がある。