コーヌス義歯


 義歯の構成要素の1つに、義歯に加わる種々の力を支台歯に伝える支台装置がある。これには、クラスプ、アタッチメントおよびコーヌス冠があり、症例によって使い分けるが、最近はコーヌス冠を用いる場合が多い。なお、この冠を用いた義歯をコーヌス義歯と呼称することにする。
 

コーヌス義歯の特徴は、
1.支台歯の辺縁が義歯床で覆われないため、唾液の自浄作用が期待でき、う蝕、歯周病になりにくい。
2.可撤式なので、ブリッジなどに比べて支台歯の清掃が行いやすい。
3.コーヌス冠を用いて支台歯を連結固定(2次固定)することができる。ブリッジの場合も支台歯を連結するが、支台歯間の距離が長いと難しい。これに対しコーヌス冠の場合は、支台歯間の距離が長くても適応できる。
4.ブリッジの時にみられるセメントの脱離(特に片側脱離)が生じにくい。
5.コーヌス義歯の義歯床の部分においても、咬合力を負担できる。
6.ブリッジはセメントにて完全に支台歯に合着してしまうが、コーヌス冠は取り外しが出来る。取り外しが可能なので将来の口腔内の変化に対応できる。
7.欠点としては、外冠前装部に硬質レジンを用いるため、メタルボンド冠に比べ、やや審美性が劣る。また臨床術式および技工操作が複雑であり、費用も若干高い。
 一般的に患者さんは固定性の補綴装置を希望する。しかし考えてみると、メガネ、イヤリング、ネックレス、腕時計等を装着したままで清掃するだろうか?なぜ、口の中のものを取り外してはいけないのか?外して清掃するほうが清掃しやすいはずである。もちろん歯は臓器の一部なので、同じ条件で比較すること自体に無理があることも承知している。私も以前は、固定性のブリッジを多用していた。そして沢山のトラブルに遭遇してきた。しかし、可撤式にしてみると沢山の利点があることに気づいた。したがって、前歯部等審美領域を除く欠損歯列の第1選択は可撤式が好ましいと今は考えている。一方、可撤式にすると誤嚥することを危惧する人がいる。確かに、今迄1例誤嚥を経験したが、頻度は著しく少ない。食事中は外れないが、清掃時は直ぐに撤去できることがコーヌス義歯の必要条件である。