18.咬合挙上しないで補綴した症例

 2016年5月初診、67歳女性。主訴は、左下の歯が取れたので治して欲しい。悪いところは治して欲しいが、予算のことも相談したい。歯医者が怖くて,治療に来るのが嫌だったとのこと。
 口腔内およびパノラマX線写真をみて,治療方針をどうするか悩んだ。歯周ポケットは、左上6に最大6mm、左下6に最大5mm認められたが、その他は問題なかった。簡単な歯周治療後、まず右上の即時義歯を作製し、歯根破折している右上4および残根状態になっている右上7の抜去と同時に装着した。
 上下顎前歯が咬合しているので、咬合高径を挙げる処置を行ってはいけない。しかし左側に、補綴するスペースが存在しない。また、残根状の左下4,5を保存できるかどうか迷った。
 最終的には、まず感染根管治療を施し、歯冠長増大術を行って歯肉縁上歯質を確保し、歯根が短くなった分は連結固定で補うという設計方針を立案した。また1次固定では、歯の清掃がしにくいこと、将来の変化に対応しにくいことから,2次固定を採用することにした。

 2018年4月、初診終了時の状態。右上については、即時義歯のままでも構わないが、咬合高径がない分、支台装置をくるむレジン量が少ないことが危惧された。そこで、義歯の破折を予防するために、さらに強固な義歯に作り換えた。(咀嚼の中心は左側のため、右側の義歯の破折は生じにくい。少々オーバートリートメントの感は拭えない。)

 義歯を装着した状態。上下左側の個々の歯は当初条件が悪かったが、連結固定したことで咬合・咀嚼力に対応でき、また左側の咬合支持を強固に得られたことは,今後の経過によい影響を及ぼすであろうと期待している。ただ,左側の偏咀嚼および咬み過ぎによる歯根破折の問題もあるので、意識して右側でも咀嚼して貰うこと、また、あまり硬いものを左側で咬まないようにお願いしている。

 初診終了2年5ヵ月後(2020年9月)の状態。パノラマX線写真から、左上6の根尖透過像に改善傾向はみられないが、その他は特に問題ない。歯周ポケットも、すべて3mm以下であった。

 初診終了2年5ヵ月後(2020年9月)の側面観。左下5の近心の歯肉に炎症がみられる。同部のブラッシングの徹底を指導した。
 咬合高径を挙げずに補綴治療することができ,今のところ順調と思われる。