保存不可能と思われる歯を再利用し、咬合支持歯を確保

 2015年11月初診、46歳女性。主訴は、上顎前歯の審美障害と義歯を装着したいとのこと。パノラマX線写真から臼歯部の咬合しているところは少ない。その内の左下6は歯根破折しており、いよいよ咬むところがなくなり、切羽詰まり歯科を受診する気になった症例である。なお、左上1が反対咬合であるが、下顎前歯と緊密に咬合していることが救いであった。治療を進めるうえで、ここの咬合が拠り所になるので、この関係を絶対に壊さないように心掛けた。

 まず、2015年12月、上顎に審美回復のための暫間義歯を装着した。つぎに、当初は抜去するつもりで残根状の右下5,6を抜歯したが、歯根の形態が案外良かったので、右下5および右下6の遠心根を再植した。

 左下6の遠心根は、咬合支持歯の無髄歯によくみられる歯根破折が生じていた。しかし歯周ポケットが6mmであることから、破折部位以下の歯根は再利用できると判断した。そこでまず、ドナー歯の抜歯を行い易くするために矯正的挺出を施した。ドナー歯に動揺が出てきたところで、歯根分割し、それぞれを右下に移植した。(2016年4 月) 分割の際、遠心根の分割面の切断位置が深くなってしまい、その分歯根膜量が減少してしまった。遠心根は分割面を頰側に位置づけ、一番奥の位置に移植した。
 続いて、対合歯のない左下8を左下6に移植した。  (2016年5月) 受容側は抜歯後1ヵ月であるため、この移植は行いやすい。

 下顎の状態が落ち着いたところで、2016年6月、上顎残根状の右上1、3,5および左上3の矯正的挺出を開始した。なお、左上5、7は保存不可能で抜歯した。2016年8月、歯冠長増大術を施し、歯肉縁上歯質を確保した。
 スライド中、下段は2017年1月の状態であるが、すべての基本治療が終了した。ここから、最終補綴物の製作に取りかかった。

 2018年1月、すべての治療が終了した。左上3はブリッジの支台歯となるには歯の条件が悪いため、根面板を装着し、歯に側方力が加わらないように配慮した。その結果、左上は可撤式ブリッジ(コーヌス義歯)を装着した。再植および移植された右下については、支台歯の清掃性の向上に配慮し、可撤式の連続冠(コーヌス冠)を装着した。

 初診終了時、義歯装着時の状態。治療期間は初診より2年2ヵ月費やしてしまった。患者さんに元々歯周病はなく、仕事の忙しさにかまけてカリエスを放置しただけなので、歯の健康に対する意識が芽生えれば、この先この状態が維持できるのではないかと期待している。

 初診時および初診終了時のデンタルX線写真の比較。単純に抜歯してインプラントあるいは義歯を装着するより、天然歯をできるだけ保存して、もう一度利用する治療のほうが好ましいと考えている。

 

2018年2月20日掲載