歯の移植と歯科矯正

 2005年7月初診、38歳女性。前歯の虫歯を治したいが主訴。私としては、下顎の右下6を除く他の大臼歯が保存できない状態であることが一番気になる。

 2006年2月、移植という治療に対する恐怖心を和らげる目的で、右上8の矮小歯を右上5部に移植するという比較的簡単な処置を行った。つぎは4月に、比較的難易度が高い移植を行った。すなわち対合歯がない右上7を頬舌側に分割し、それぞれを左下に移植した。続いて5月に、歯科矯正するに伴って必要なくなる、舌側転位している左下2を左下の一番奥に移植した。これで左下は3本移植されたことになる。さらに、この移植歯を固定源に利用し、2006年11月、下顎の歯科矯正に取りかかった。なお上顎は、06年8月から歯科矯正を開始している。08年3月、左上4部にインプラントを植立した。ここは暫く人工歯を接着していたが、時々外れるので仕方なくインプラントを用いた経緯がある。両側がバージンツゥースであり、しかも審美領域であることから今でも、補綴設計に悩む所であ る。

 初診終了時の状態。治療期間が約3年かかってしまったが、患者さんも良く頑張っていただいたと感謝する次第である。

 初診時および治療終了時のパノラマX線写真の比較。左下の正面観は2016年12月の状態。特に問題は生じていない。