条件の悪い歯にコーヌス義歯

1.上顎残存歯がすべて失活歯

 2014年6月初診の65歳女性。左下8の歯根破折、破折片が舌に触れるが主訴。同部および左上4、右上7の計3本に歯根破折が認められた。左下8および右上7は抜歯後、暫く放置しても大きな問題はないが、左上4を抜歯するとなると、設計が難しくなる。患者さんは左上4の補綴処置を希望されたので、結局上顎すべての治療にならざるを得なくなってしまった。この理由は、上顎残存歯がすべて失活歯であり、しかもメタルコア(金属の心棒)が太く、長いために、どの歯に将来歯根破折が生じてもおかしくないからである。そこで固定性のブリッジは諦めてもらい、可撤性のコーヌス義歯を選択してもらった。 一方、インプラントを欠如部に装着する歯科医もいると思うが、隣在歯が歯根破折した場合、またインプラントを打つことになり、この先何本打つのですか?ということになりかねない。その点コーヌス義歯なら、歯が抜けたとしても義歯の外形は変わらないので、当分の間使用できる。