矯正的挺出

1.歯肉縁下カリエス

 2014年2月初診、56歳の女性。右下7のカリエスが歯肉縁下まで進行していた。歯肉縁上歯質がないため、このままクラウンを作製しても直ぐに脱落するのは明らかである。そこで、右下7の遠心に矯正用インプラントを植立し、これを固定源に利用することで、右下7の矯正的挺出を行うことにした。2014年3月に開始し、5月に終了した。その後、歯冠長増大術を行い、歯肉縁上歯質を確保した。この際、付着歯肉の減少を防ぐために、右下7の近心に縦切開を加え、歯肉を根尖側に移動した。暫く仮歯で経過を観察し、2014年10月、クラウンを装着した。
 歯根が短くなったために、歯の動揺が少し生じたが、相当固いものを食べなければ問題はない。もしどうしても動揺が大きい場合は右下6との連結固定が必要となるが、歯の削去、連結により清掃性が不良になりやすい等の問題が生じるため、なるべく連結固定は避けたいと思っている。

2.歯冠破折

 2012年4月初診、79歳の女性。右上3が折れたとのことで来院。歯冠部の歯質はないが、デンタルX線写真から歯根には十分な長さの歯質がある。もし抜歯となりブリッジを作製するとなれば、右上④5⑥の既存ブリッジを作り直すことになるし、ほぼ健全歯である右上1を切削する必要が生じる。このような大掛かりな治療を行わず、右上3の保存に努めるべきである。そこで、4月に矯正的挺出を開始し、6月に終了した。その後歯冠長同大術を行い、歯肉縁上歯質を確保した。暫く経過をみて特に問題が生じなかったので、2013年1月にメタルボンド冠を装着した。

3.歯根破折

 2016年6月初診、51歳の女性。左上1が動いて痛いとのことで来院。硬質レジン前装冠を除去してみると、歯根に破折線がみられた(赤矢印)。デンタルX線写真からも、透過像が認められた(緑矢印)。そこで、2016年6月矯正的挺出を開始し、破折部を歯肉縁上に引っ張り出すことにした。8月に、挺出が終了。その後、歯冠長増大術を行い、歯肉縁上歯質の確保を行った。歯肉が安定するのを待って、2016年12月硬質レジン前装冠を装着した。

4.歯周病

 2012年1月初診、58歳の男性。左上2に7mmの歯周ポケットが認められ、またデンタルX線写真から垂直性の骨欠損がみられた。通常は連結されている冠を外し、自然的挺出を行うのが一番良いが、早期の治療を望まれたため、2012年1月、矯正装置を用いて強制的に挺出を開始した。6月、挺出を終了した。9月、歯の動揺が収まったので硬質レジン前装冠を装着した。なお、左上2の動揺が少なかったので、清掃性を配慮し単独冠にした。装着後のデンタルX線写真から、おおむね歯槽骨の平坦化が確認できた。
 しかし2017年6月の時点で、左上2の歯周ポケットは3mm以下であるが、動揺が大きくなってしまったので、左上1とスーパーボンドで固定した。最初から連結固定するべきであったと反省している。

5.古屋歯科クリニックにおける矯正的挺出の術式

1)矯正的挺出に使用する主な材料、器具を[A]に示す。材料は、クラスプ線、ピッグ・テール、Clear Power Thread®25およびその切断に使用するピンカッター。なお、ピッグ・テールを作製するために歯科矯正用の結紮線、持針器、探針が必要となる。
2)矯正的挺出を行いたい歯の前後2本ずつを固定源の目安にしている。実際は、症例によって適宜対応している。固定に使用するワイヤーは直径1mmのクラスプ線。模型を作製し、口腔外でワイヤーを屈曲しておく。この際、ワイヤーが対合歯にあたらないように注意している。ワイヤーは『スーパーボンド』にて歯に接着する。
3)ピッグ・テールは[B]に示すように、探針に歯科矯正用の結紮線を持針器で巻き付け、自作している。当クリニックでは、あらかじめ沢山のピッグ・テールを用意している[C]。
4)残根にピッグ・テールを『ハイ-ボンド テンポラリーセメント ハード』を用いて付ける。
5)ワイヤーとピッグ・テールとをClear Power Thread®25で結ぶ。この際Clear Power Thread®25を15〜20cmにカットし、かなり引っ張り上げた状態で結ぶとよい。
6)Clear Power Thread®25は2週間に1回の頻度で交換する。