少数残存歯とコーヌス義歯

1.上顎少数歯残存症例にコーヌス義歯

 上顎の歯は、下顎のそれに比べて喪失する割合が高い。理由は、上顎の歯が外にあるので側方力を受けやすく、歯周病あるいは歯根破折が生じる可能性が高いことが挙げられる。また、唾液に触れる割合も上顎の方が少なく、う蝕が生じやすい。 ここでは、上顎において残った歯の数が5本以下のケースを取り上げているが、残存歯がすべて健全歯の場合を除いて、何らかの修復物が装着されている場合は、コーヌス義歯を装着することが多い。コーヌス内・外冠を装着することにより、歯の2次的連結固定が可能であり、咬合力に対して抵抗できるのが一番の利点であろう。特に左右側に離れて支台歯がある症例に、例えば固定性ブリッジで1次的に連結固定したとしても、将来もしいずれかの支台歯に問題が生じた場合、また最初から作り直さねばならない。その点、可撤式の2次固定ならば、将来の変化に対応できる。また、症例1から6にあるように口蓋を義歯床で覆わないですむので、発音障害が出にくい、および異物感が生じにくいも利点の1つである。さらに、義歯を外して清掃できるので、ブリッジより歯の清掃がし易い。欠点は、費用が少し高めであること、審美的にはブリッジのセラミック冠に軍配が上がるが、総合的には遥かにコーヌス義歯のほうにメリットが多い。