13年および6年経過の移植症例

 2004年5月初診、54歳、男性。主訴は右下6が腫れて痛い。近心根が歯根破折しており保存不可能であるが、遠心根は保存できる。しかしこの時は、右上8に歯根形態の良いドナー歯があることから、遠心根も抜去し、移植を選択した(2004年9月)。12月にクラウンを装着した。

 2007年4月、右上5がコアごと脱離した。特に症状はなかったが感染根管処置をやり直した。しかし根尖まで穿通することはできなかった。7月にセラミック冠を装着したが、何と8月に歯根破折してしまった。ここで本来は矯正的挺出を行うが、根尖に不安があったのでこの時は再植を行った。実際、根尖付近に人工的穿孔がみられた。2008年2月再度セラミック冠を装着した。

 2011年1月、左上6にフィステルが生じた。この原因は近心頬側根の根尖病巣が考えられるが、口蓋根に9mmの歯周ポケットが認められたことから、同根に歯根破折が生じている可能性が高いと診断した。そこで、左上6を無理に保存するのは不可能と判断し、右下8をドナーとして左上6に移植する計画を立てた。なお、右下8の歯根のサイズが大きかったので、抜歯予定の左上6を固定源にして、左上7を遠心に少し移動した。2011年5月に抜歯し、6月に移植を行った。なお、右下8を抜歯しやすいように、事前に挺出力を加えておいた。また抜歯時、左上6は上顎洞の穿孔が認められた。
 移植に際しては、ドナー歯を90°回転し何とか抜歯窩に収めたが、頰側に歯槽骨は全くみられなかった。移植後、9月の時点で歯周ポケットは3mm以下となり、12月に硬質レジン前装冠を装着した。頰側は、歯槽骨は半分ぐらいしか回復していないが、結合織性の付着が得られているものと思われる。

 2014年11月、2007年に再植した右上5の動揺が著しくなり、保存不可能となった。2011年12月のデンタルX線写真からみてとれるように炎症性の骨吸収像がみられたが、それが3年かけて拡大してしまった。稚拙な手技に反省する次第である。
 右上5の補綴に関しては、右上4がバージン・トゥースであることからなるべく切削をしたくなかったので、右上6にコーヌス冠を用いた可撤性のブリッジを作製した。

 2015年6月、間違って箸を強く咬んでしまったことで、右上1に歯冠破折が生じ、7月にメタルボンド冠を装着した。
 2017年6月、左上5に歯根破折が生じた。左側も左上4がバージン・トゥースであることから、左上6(移植歯)にコーヌス冠を用いた可撤性のブリッジを装着した。

 2018年1月の状態。左下6は移植後13年、左上6は移植後6年経過している。特に左上6は、移植時頰側に全く歯槽骨がなかったことで大変心配したが、今のところ順調に経過しており、歯根膜の凄さに今更ながら驚かされる。

 2018年1月、可撤性ブリッジ装着時の状態。2004年5月の初診時から合計4本歯根破折を起こしている。当然すべて失活歯であることから、やはり抜髄をしないことが大切であると思う。移植歯も失活歯であるから決して安心はできない。しかし、患者さんは今年定年を迎え、仕事中のTCHも減ることから、咬合力が減りこの先は安定するのではないかと期待している。

2018年3月21日掲載