歯を削らない

1.歯を削らない

 症例1 2016年2月再初診の19歳女性。歯科矯正科の先生からの紹介で、先欠である右上2の補綴希望。全くの健全歯である両隣在歯を削去するのはもったいないので、人工歯を接着剤で付けただけ。ここで物を咬めば、直ぐに外れてしまうが、患者さん自身に注意していただければ、案外外れない。
 症例2 2009年6月再初診、17歳の男性。2004年に外傷をうけた左上1が脱落してしまった。舌側は義歯床で覆うことになるが、ここだけ人工歯を用いた義歯を装着した。2011年に紛失し、再度作り直した。その後来院が途絶えている。
 症例3 2013年5月、左下⑤6⑦のブリッジを作製するにあたって、左下5は全く形成しなかった。失活歯である左下7には、近心にキーウェイを付与したクラウンを装着した。左下6のポンティックは、左下7近心のキー部分と左下5に接着性のセメントで合着されたインレーと一体になっている。2016年10月、スライド右端にあるように外れてきたが、また再合着した。このように、最初から外れてくるのを見越して設計を行うのも、一つの考え方だと思う。なお、この治療法は神奈川県で開業しているN先生に以前教えていただいた方法である。
 症例4 右下ブリッジは2005年2月に当院で装着した。審美的理由、またなるべく削りたくない気持ちから、必要最低限の切削を行ってきた。しかし、様々な患者さんの経過を観察すると、この方法はブリッジを維持する力が弱く、将来セメントが外れやすいという欠点があることが分かってきた。特に咬合力の強い人は危険である。両側のセメントが同時に外れてくれれば、ブリッジ自体が外れるので直ぐに分かる。しかし、片方だけが外れた場合は、その歯に問題が生じるまで分からないことが多い。特に有髄歯は痛くなるまで気が付かないことが多々ある。そして歯の抜髄へと進行してしまう。したがって最近では、目をつぶって全部被せてブリッジにするか、あるいは他の方法を用いることが多い。
 2015年11月左上に義歯を装着した時点で通常右咬みになるので、そろそろ外れてくるのではないかと懸念していた。実際、2017年1月に右下5の片側脱離を確認した。右下5の遠心で金属を切断し、右下5の修復物(インレー)は、レスト座および遠心に軸面を付与した後にもう一度合着した。ブリッジの支台歯とならなければ、簡単には外れないはずである。
 患者さんは、もう一回固定性のブリッジを希望した。今回も右下5をこれ以上削去したくない、また上にも述べたが、左上に義歯が入ったので、右側の力の負担が大きい等の理由で、可撤性の義歯にさせていただいた。なお、義歯の人工歯は今までのポンティックを再利用している。まだ装着したばかりであるが、特に異物感もなく、問題ないとのことである。

2.支台歯を削去しない可撤性ブリッジ(1)

 2000年初診の22歳男性。2014年3月、乳歯の右下Eに痛みが出て来院。根管治療を施したが治癒せず、まず近心根を抜去した。遠心根のみで様子をみたが、咬むと痛みが出たためやむを得ず抜歯した。右下の補綴処置は、ブリッジ、インプラント、移植、義歯が考えられる。ブリッジは、右下6および健全歯である右下4の削去が必要となる。インプラントでも問題ないと思われるが費用がかかる、また将来の予後が今一歩心配である。移植は、ドナー歯がないので無理。一方、クラスプ(バネ)を用いた義歯であれば、安価で、機能的にはまったく問題ないが、右下4にかかるクラスプの審美性が気になる。 そこで今回は、右下6を削去し可撤性ブリッジ(コーヌス義歯)を装着し、右下4のクラスプは前から見えない範囲までとした。右下6の切削はもったいないが、少なくとも有髄歯のままであることを意識した。タイトルに支台歯を削去しない可撤性ブリッジと書いたが、あくまでも右下4に限ってのことである。もし、右下6が修復されていない全くの健全歯であったならば、さすがにコーヌス冠にはしないであろう。

3.支台歯を削去しない可撤性ブリッジ(2)

 2000年初診、48歳女性。2015年11月、左上3にフィステルが生じたということで来院。左上3の電気歯髄診断を行ったところ反応がなかったため、感染根管治療を行おうとした。しかし、切削途中に痛みが生じたため左上3は有髄歯であり、フィステルの原因は他の歯であると診断した。よく観察すると左上4の頰側に10mmの歯周ポケットがあり、原因歯はこの歯であり、歯根破折を疑った。1ヵ月間経過をみたが改善しなかったので抜歯した。結果、歯根に破折線がみられ、歯根破折と確定した。 さて、通常は左上③4⑥のブリッジが考えられるが(左上5は歯科矯正のため抜歯したとのこと)、左上3がほぼ健全歯であることから、切削を行わないですむ可撤性ブリッジ(コーヌス義歯)を装着することにした。なお、左上6にはすでにクラウンが装着されており、切削を躊躇する必要はなかった。また、可撤性ブリッジの維持は左上6のコーヌス冠のみで発揮されている。左上4部にインプラントを勧める歯科医師は多いと思うが、安全面、清掃性、費用等の面から私はこちらの方に分があると思っている。