歯の移植(2)

 2011年11月初診の37歳女性。右上6が腫れたとのこと。この歯は歯周ポケットが5〜8mmあり、動揺も著しく保存不可能と診断し、抜歯した。患者さんは、歯科矯正のために上下左右4を4本抜歯しており、なおかつ右上5、左下6も失っていたが、今回さらに右上6が加わった。

 上段に右上の経過を示す。まず2012年1月、右上に仮の義歯を装着した。さすがに右上3のクラスプ(バネ)が審美的に好ましくないとのこと。そこで左下8を抜歯し、右上6の欠損部に移植した。(2012年2月) つぎに下段に左下の経過を示す。左下8をドナーとして抜歯したため、前方に傾斜していた左下7のアップライトが可能となった。こうして左下6部のスペースを拡大したのち、今度は右下8を左下6部に移植した。

 2014年1月、初診終了時の状態。左下の移植歯は動揺がみられたため、左下7と連結固定した。同部に、フロスが入らないのが難点である。右上は、犬歯と移植歯との間に半歯分のスペースが残ってしまった。このままスペースを残したままという選択肢もあるが、患者さんは望まなかった。しかし、バージントゥースである右上3を削って、ブリッジにするのは抵抗がある。そこで、神奈川県で開業しているN先生に以前教えていただいた方法を採用した。すなわち、右上6(移植歯)は硬質レジン冠を細工し、セメント合着した。右上3は歯を一切削去せずに、補綴物を接着性セメントで付けた。こうしておけば、いずれ右上3とポンティックの部分は外れるが、また接着すればすむ。すごく良い方法であるが、年がら年中外れてしまっては困る方法でもある。実際、2014年11月に1回外れたが、その後は何とか外れないでいる。

 初診時、および初診終了時のパノラマX線写真の比較。何とか上手にまとめることは出来たが、やはり移植歯の予後が心配である。