重度歯周病に移植とコーヌス義歯で対応

 2009年8月3日初診の59歳男性。全顎的に歯ぐきが痛い、特に右下臼歯が痛くて噛めないが主訴。左下は12年前に義歯を作り、2年間使用したが、左下5が欠けてからは使ってない。時間がかかってもよいので、できるだけ歯を保存したいとのこと。とても熱心にブラッシングをされる方。

 歯周基本治療を行ったのち、右側(右下6,7および右上7)および左上1を抜髄し、自然的挺出を期待した。スライドは2010年3月、左下6の抜髄終了時の状態で、すでに挺出を開始していた左上1はかなり挺出してきている。
 左右両側ともに小臼歯までの咬合となり、なおかつ右下5が舌側に転位しており、咀嚼できるところが少ない。早期に左側大臼歯部の咬合が必要と考え、10年5月に右下5を左下7部へ移植した。
 その後、全顎的に歯周外科処置を行った。歯周ポケットが改善できなかった左上6の口蓋根は抜歯した。保存できた頰側根は、頰側に位置していたので、咬合できるところまで移動した。左上1は動揺が改善できず、抜歯となった。

 2012年11月、初診終了時の状態。下顎は、片側処理のコーヌス義歯を2つ装着した。支台歯は歯周病罹患歯であったことと、移植歯を用いていることから、将来の変化に対応できる補綴物にしたい。また根面の清掃が行いやすいことから、可撤性義歯を装着した。
 左上1の欠損はブリッジで対応した。左上1は残念ながら抜歯に至ってしまったが、いきなり抜歯するよりも自然挺出したことで骨の高さが確保でき、審美面においては意義があったと思う。
 噛める歯が増えるにつれて、また咬みしめを自覚するようになったとのこと。元々TCHの自覚があったので、今後くれぐれも咬み過ぎには注意していただくようにとお話しした。

 初診終了、コーヌス義歯装着時。左側は移植を行ったことで遊離端が回避できた。左下5と移植歯の2本のみでも対応できるが、将来の保険として左下4へクラスプを付与した設計。右側も健全歯である右下4はクラスプで対応した。

 初診時、初診終了時、初診終了後5年4ヵ月のパノラマ写真の比較。この間、左下4レスト窩、右下6近心面の根面にカリエスが生じ、治療している。かなり念入りにお手入れされているにも関わらず、根面退縮もあり齲蝕好発部位が心配である。歯周ポケットに関しては、右下7舌側中央が7㎜に増加している。

(担当:千葉奈保子)

2018年5月18日掲載