再植歯を連結固定すべきであった症例

 初診は2005年4月、61歳女性。主訴は左上5のクラウン脱離。まず右下4のう蝕処置(生切)および歯周基本治療を行った。スライドは2005年10月の状態であるが、左上5は矯正的挺出中、右下5は歯根破折にて抜歯した直後。

 まず2006年1月に右下1を右下5に移植した。左上5は矯正的挺出終了後暫くしてフィステルが生じてしまった。感染根管処置を施したが、根管が開かなかったので、2006年4月に外科的再植を行った。またドナーとして抜去した右下1の空隙を埋めるため、さらに上顎前歯の審美的改善を期待して歯科矯正を行った。2007年4月に治療は全て終了した。
 この当時は、歯を連結固定すると清掃性が落ちることから、極力連結固定を避ける気持ちが強かった。もちろん暫間被覆冠で反応をみて判断していた。このケースも特に問題がなかったので、再植した左上5および移植した右下5を単独植立のままとした。
 3年半後にこの選択が結果的には間違っていたことを知ることになる。暫間被覆冠による3ヵ月から半年位の経過観察では短すぎるということを学ばせていただいた。

 2010年10月に、移植した右下5に歯根破折が生じた。しかし移植の不手際が原因というよりは、左上5を連結固定しなかったことが一番の原因であると思われる。すなわち左上5に動揺が生じたために左側での咀嚼を避け、結果右下5の荷重負担が増してしまった。もちろん移植した右下5も右下6と連結固定したほうが良かった。
 さて今回の右下5の治療方針は、インプラントを用いることにした。2011年2月に埋入手術を行い、2011年8月に上部構造を装着した。一方同月にブラブラになってしまった左上5を抜歯し、こちらは2012年4月にブリッジを装着した。
 なおスライド右端は、2012年11月の状態。

 2013年9月、左上1の歯肉に炎症が生じた。遠心の歯周ポケットは10mm認められた。また歯髄反応は弱く根尖病巣も疑った。まず、抜髄して自然的挺出を行う治療計画を立てた。なお、最初浸潤麻酔なしで削去したが、その時疼痛を訴えたため、歯髄は失活していなかった。そうなると、診断は歯周病となる。また、抜髄後3ヵ月経過をみたが挺出量も少なく、力の関与も低いと思われた。なぜこの歯が急に増悪したかはよく分からないが、もしかして歯科矯正を行ったことが関わっているのかもしれない。また、結果からみると抜髄する必要はなかったのかもしれない。
 2014年2月、歯周外科処置を行った。唇側から遠心にかけて歯槽骨が失われていた。

 2017年10月の状態。この3年間は特に問題が生じていない。初診時に再植した左上5を左上6と連結固定していれば、違った展開になっていただろうと悔やまれる。

 歯周外科処置を行った左上1の歯槽骨は改善傾向を示している。これに対し、インプラント周囲の歯槽骨は緻密化し、将来何となく心配である。デンタルX線写真からみてとれるように、神様が作られた天然歯と人間が作ったインプラントでは、やはり違うと言わざるを得ない。安易な抜歯は避けるべきである。

2018年2月20日掲載